美容や健康にいいって本当?水素水の効果は?

今、美容・健康の分野で大いに注目を浴びている水素水。「お肌に良い!」や「身体にやさしい!」など、何やら景気の良い言葉が並んでいますが、具体的にどういう効果・効能があるの?お値段に見合った効能があるの?という風に、疑問に思う方も多いでしょう。ここでは、水素水が美容・健康面で及ぼす効果・効能をご紹介します。

そもそも水素水とはどんなものなのでしょうか。まず、大きく含まれる原子記号「H」・水素から見ていきましょう。無色・無味・無臭の気体で原子の中では一番軽く、そして酸素以上に活性度が高く、他の物質と容易に結合する性質があります。いきなり難しい化学の教科書の内容が出てきましたが、この水素を体内に入れると、すぐに活性酸素と結合して中和する働きがあり、体内の悪玉活性酸素を効果的に素早く消去してくれます。

次に、私たち人間の仕組みもお話しておきましょう。人間が生きていく上で必要なエネルギーを作る回路は細胞の中にあるミトコンドリアという部位であり、酸素を利用し栄養素を分解して作り出されています。その際、「活性酸素」を副産物として生成してしまいます。
この活性酸素には、善玉・悪玉の2種類があって、善玉の活性酸素は、体外から侵入してきた細菌・ウィルスを、白血球が倒す際にこの活性酸素を使用できるため、言わば武器のような役割を果たします。しかし、悪玉の活性酸素は、発生して大量に体内に溜まってしまうと、体のあちこちで暴れまわり、細胞を酸化(サビ)させたり、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけ、様々な病気・老化・生活習慣病などの疾患の原因となります。

この悪玉活性酸素を除去する働きをもつのが、水素水ということになります。活性酸素を除去する物質は野菜などに含まれるビタミンC・E、βカロチンなどもありますが、活性酸素を除去するには微力で、抗酸化作用においては、水素水の「抗酸化物質」にはかないません。
水素水のメカニズムをご理解いただけたら、それぞれの効果もご紹介しましょう。細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけたり、様々な病気や老化、生活習慣病の原因とされている活性酸素を取り除く効能があるため、病気・疾患予防となり健康に非常に効能があります。また、美容においても、人間の身体は日々酸化=サビついていく訳で、前述の元凶・悪玉活性酸素が体内に発生しても水素水を摂取することにより、いち早く中和して絶大なアンチエイジング効果が望めるのです。


最悪の場合死に至る!?知らないと怖い「水中毒」

現代人はよく水分不足といわれています。美意識の高いモデルや、スポーツをしている人は一日に何リットル以上の水を飲む、と目標を決めて実際に飲んでいる人が多いようです。

では水を多く飲めば飲むほど、健康にいいのかというとそうではなく、水の飲み過ぎは反対に重篤な病気を引き起こしてしまう可能性があります。それが水中毒です。場合によっては死を招く危険性もあります。

水中毒が起きる原因は、水を飲み過ぎることにより腎臓のろ過機能のスピードが追い付かなくなってしまい、それによって体内の水分バランスが崩れ、体がむくみ血液中のナトリウムイオン濃度が低下することで引き起こされます。ナトリウムイオン濃度が下がることにより、めまい、吐き気、頭痛、ひどくなると、嘔吐、下痢、けいれんなどをおこして昏睡状態へと陥り、最悪の場合死に至ります。腹部を軽く叩いた際に水の音がしたり、下腹部が膨れているという人や、足のすね部分を指で押した際になかなか元に戻らず、跡が残ってしまうという人は要注意です。

ただし必要以上に恐れることはなく、水を飲み過ぎなければ水中毒になる恐れはありません。人間が一日に必要な水の量は個人差がありますが多くても2リットルです。なかなか普段の生活で注意しない限り2リットルの水を飲むのは難しいです。水中毒を予防するためには、水を飲み過ぎないということが最も重要です。そのほかにも、水分ばかりではなく塩分も取ることを心がけたり、尿意を催したら我慢するのではなくきちんと排泄することも予防へとつながります。

また、精神疾患を患っている人で水中毒になりやすいケースもあります。水を飲むのが気持ちいいと感じたり、自分は水を多く摂取する必要があるなどの幻覚にかかる人も多くいます。また、精神科でよく用いられる向精神薬はのどが渇きやすいというのも、原因の一つでしょう。原因となる病気を特定し、その病気に対する治療を行うことで水中毒が改善されたという例もありますので、原因の特定も治療に重要となっています。

水中毒は知っていることで防げる病気です。正しい知識を覚えておいて下さい。


洗浄器なしでもOK!水道水を美味しく飲む方法

水道水を洗浄器無しに美味しく飲む方法として最も手軽なのは『冷やす』ことです。

水道水が美味しくないと言われる最大の理由は塩素の臭いなのですが、この塩素の臭いは水自体を冷やすことでかなり抑えることができるようになります。目安としては水温が20度を超えると臭いが鼻につきやすくなりますから、蛇口から出してすぐに飲むのではなくペットボトルなどにいれて冷蔵庫にいれて冷やしておくと手軽に美味しく飲むことができるようになります。

この際にペットボトルの中に備長炭などをいれておくと、炭の中に含まれるミネラルが水中に溶け出してミネラルウォーターに似た味わいに変化します。そのためミネラルウォーターの中でもミネラルが豊富な硬水が好きな人であれば備長炭をいれておくと良いでしょう。水に入れるための備長炭はドラッグストアなどでも販売されていますし、値段も数百円ほどとそこまで高いものではありません。何より煮沸消毒すれば数年間は使い続けることができますから、長期的にみたコストもかなり割安になります。

もしそれでも臭いが気になると言うようであれば、5分ほど沸かしたあとで冷やすようにすればより臭いを抑えて美味しく飲むことができることができます。ある程度沸騰させると水道水の中に含まれる塩素が破壊されることになりますから臭いが少なくなるわけです。
この方法は特に塩素が多く含まれている地域の水道水に対して有効です。ただし塩素を破壊するということは消毒の作用も失わせるということですから、沸かしてから冷やした水道水はなるべく早めに飲み切るようにしましょう。

それ以外には、コップにいれた水道水にレモン汁を数的絞りいれてやる方法もおすすめです。レモンの香りは塩素の臭いをしっかりカバーしてくれますし、ほのかなレモンの風味は水道水が持つ独特の味を隠してくれるようになります。

ただ知っておきたいのが、洗浄器を使わない以上は水の中に含まれる不純物は無くならないということです。
実際のところ日本の水道水は世界的にみても極めて高い水準にありますから不純物が含まれていると言っても体に影響が出るようなことはそうそうありませんが、それでも洗浄器が売れている以上それなりに心配している人はいるでしょう。

美味しく飲むことが目的であればこれらの方法を参考に、不純物をなるべく除去したいということであれば洗浄器、またはウォーターサーバーの導入を検討してみてください。


アンチエイジングに効く「水」って?

アンチエイジングとは、加齢や、そのことによって体に訪れる機能低下、老化現象を少しでも食い止める、軽減することです。年齢を重ねることは食い止めようがありませんが、それによって訪れる機能低下や老化現象は、その人の生活習慣などによって食い止めたり、軽減することが可能です。

加齢による機能低下や老化現象の理由としては、まずは新陳代謝の低下が挙げられます。新陳代謝とは古い細胞などが新たなそれに生まれ変わることです。これが盛んであれば、たとえば肌なども常に若々しく保つことができます。

そしてもうひとつの理由が、活性酸素の存在です。これはストレスや紫外線などによって体内に発生する物質で、強い酸化力を持っています。そのため量が増えると細胞を傷つけ、様々な疾病や老化現象を引き起こすため、まさしくアンチエイジングの敵とも言える物質です。

アンチエイジングの効果を期待するのであれば、普段飲む水も当然のことながら重要になります。

アンチエイジングにはカルシウムが豊富な天然水が有効とされています。カルシウムは骨の強化には欠かせない成分、といったイメージが強いですが、実はそれだけではなく、体内の細胞の働きにも非常に大きな役割を果たしています。細胞の生まれ変わり、つまりは新陳代謝にも欠かせない成分でもあります。天然水には、このカルシウムが非常に細かい粒子で含まれているため、サプリメントなどを利用するよりも吸収率が高いのが魅力です。

そしてもうひとつ、アンチエイジングに効果を期待できるのがプラチナウォーターと呼ばれる水です。これは、活性酸素除去を期待することができる水のことです。強い抗酸化力を持ったプラチナをもとに開発された、人体に影響のない、なおかつ摂取しやすいよう微粒子化した白金ナノコロイドが、この中には含まれています。

また体が酸性に傾いていると疲労や老化現象が起こりやすくなります。ですから、体の状態を正常に戻すアルカリ性の飲料水も、アンチエイジング効果が期待できます。


「水」に含まれる代表的な四つのミネラル

水にはミネラルという栄養素が含まれています。ミネラルは人が体内で作り出すことが出来ない成分で食事などから摂取する必要性があります。ミネラルは地球上に存在する元素のうち水素・炭素・窒素・酸素を除いたものをいい、栄養素として欠かせないことがわかっているものは16種類ほど。水にはそのうち4種類の元素が含まれているものがあり、栄養素の特徴を押さえて摂取すると効果的です。

水に含まれているミネラルは「カルシウム」「マグネシウム」「ナトリウム」「カリウム」です。

いずれも健康に欠かせない成分ですが、とくにカルシウムは人の体内の1.5%をしめるほどとなっています。歯や骨などに多く含まれている成分で、筋肉や神経などにも含まれておりケガをした時などに血液が固まるのを助けたり筋肉を動きを促進する働きがあります。体にはカルシウムが体内で不足すると骨などから不足分を補うという働きがあるので、日頃から適切な量をとっておきたい成分です。

マグネシウムは体内酵素の働きをよくする作用があり便秘の解消や疲労回復、血液の流れを安定させる効果があります。マグネシウムはカルシウムと相互的に働くことが特徴となっていてどちらか足りなくても上手く効果を発揮しません。健康的な体作りを目的にするのならばカルシウムとマグネシウムはセットで摂取するのがベストです。

ナトリウムには体液の浸透圧を調整する働きがあります。他の元素の代謝を助ける働きも担っていますが、取り過ぎてしまうと高血圧など健康に良くない面も持ち合わせています。

カリウムはナトリウムを摂り過ぎた場合におきる「むくみ」の解消や血圧を下げる効果がある成分。カリウムが不足するとだるさや疲労感などが症状として表れ、重い場合では心臓の働きに影響する事もあります。ミネラルウオーターと表示されているものはこういった成分が入っているものをさすので成分の効果を期待したい場合ににはこちらを積極的に選ぶとよいでしょう。

ただし、どの成分も摂取しすぎると健康によくありません。水分量の調整する働きは腎臓が担っていますが1日に処理できる量はおよそ2リットルほどといわれ、それ以上の摂取は腎臓の負担になるだけではなく交感神経が刺激され血圧が上がる可能性もあります。注意が必要です


料理が美味しくなる!「水」の使い分け方

水は無味無臭に感じるかもしれませんが、土地や含まれている成分によって実は口当たりなどが違います。
その大きな要素となるひとつが水の硬度です。

硬度は水に含まれているミネラル分、カルシウムやマグネシウムといったものを炭酸カルシウムに換算してどのくらいの量になるか数値で表したものです。
表記方法は国によって多少変化し、一般的に日本では軟質がヨーロッパでは硬質のものが多い傾向にあります。
この硬度の数値によって水は軟質と硬質に分類することができます。

特徴としては軟質のものは口当たりが良くまろやかなので飲みやすくなっています。特に高齢者や赤ちゃんなど内臓が弱い傾向にある人には身体に負担が少なく吸収浸透してくれます。また香りやうまみを引き出しやすいので、紅茶やコーヒーなどの飲み物や出汁を取るのにも向いている水になります。

硬質の場合はミネラルが豊富に含まれているので、汗をかいた後のカルシウムなどの補給やカロリー制限時のダイエット、便秘の解消などに効果が期待できますが、軟質の反対で胃腸に負担がかかるので飲み過ぎるとお腹を壊しやすいという特徴があります。

特徴を知っていると料理のさいに適した水を使い分けることができます。基本的な考え方としては、日本食には軟質の物を洋食には硬質の物と覚えておくとわかりやすいです。

例えば、昆布だしを取る場合、軟質の物を使うと良くうまみを抽出することができます。一方で硬質の物を使った場合は、カルシウムが昆布に付着してしまってうまくうまみが出ないばかりか、カルシウムが昆布の成分と合わさることによって灰汁が出やすくなってしまい、だしが濁ってしまったりします。

逆に牛などの動物性の料理で利用するときは、軟質だと灰汁がなかなか出てこないので、スープなどが濁ってしまったりします。硬質のものは、血や肉の臭みを灰汁として良く出してくれる効果があるので、うまみのある透き通ったスープを作ることができます。
このように料理によって水を使い分けるとさらにおいしいものを作ることができるでしょう。
煮込み料理を作る場合でも、軟質を使えばやわらかく煮込むことができますし、硬質なら歯ごたえのある野菜に仕上げることができるのです。